不安なことに飛び込め。身の丈に合っているかどうかを決めるのは自分じゃない。

今週末、世界一のダンサーさんと対談をします。

【MORTAL COMBAT(モータルコンバット)のKakuさんと対談することになりました】ぼくの2016年もようやくスタートです!で、一発目からすごいことになってます!世界を代表するブレイクダンサーMORTAL COMBATの…

Posted by

中込 孝規

on 

2016年1月7日 

このお誘いをいただいたとき、「自分なんかがいいのかな?」という思いが頭をよぎりました。

ですが「はい!ぜひやりましょう!」と即答しました。

 

なぜなら、身の丈に合っているかどうかを決めるのは自分じゃないと思うからです。

 

自己評価ってどうしても低くなりがちです。

でも、すごくない人なんていません。

同じ人なんていないし、誰もがオリジナルの人生を歩んでいます。

 

ぼくなんて何もできない。

本当にそうなんでしょうか?

 

高校生のときのぼくは、劣等感の固まりでした。

すべてが兄より劣っていて自分はなんてダメな人間なんだと思っていました。

 

「できる」のハードルが高すぎたんだと思います。

ほかの人から見たら十分にできていたのかもしれません。

それに「できなかった」という経験が人の役に立つこともあります。

というか「できる」「できない」という尺度自体が適切じゃないかもしれません。

 

身の丈に合っているかどうかを決めるのは自分じゃない。

だからぼくは、チャンスはありがたくいただきます。

 

今回の対談イベントでは、

ぼくのダンス世界一周の話を30分させていただき、

その後30分対談となるそうです。

 

30分も自分の話できるのだろうか……。

なんて不安にもなりますが、だからこそ飛び込みがいがありますよね。

 

いい経験になると思います。

 

世界一のダンサーさんだからこそできる話があるし、

ぼくだからこそできる話があります。

 

自分の経験や想いをしっかり伝えられるように全力でいきます。

 

おしまい。

P1010704

 

p.s.

よく考えたら旅中に国際的な芸術祭や映画祭に出演させていただいたのも、

「不安なことに飛び込め」精神があったからだと思います。

どれもお誘いいただいたときは一瞬ビビったんですが、飛び込んでよかったです。

IMG 1433 RIMG0115

 

 

●マラウイのまとめ動画はコチラ。

●Facebookページでブログ更新情報をおとどけ。

●Twitterでもつぶやいてます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


中込孝規(なかごめ たかのり)
「世界とつながるダンス教室」代表。 アフリカで1万人以上の子供たちにダンスを教え、今は日本とアフリカの学校を「ダンス×インターネット中継」でつないでます。

最新のダンスレッスン・イベント出演情報

ダンスレッスンやイベントの詳細・お申し込みはコチラから http://gome-takanori.com/schedule/

LINE@で限定情報を配信中!

■イベント、レッスン先行告知 ■LINE@限定の近況報告 ■ブログ更新情報 などを不定期で配信しています。

いろんな相談も受付中!世界一周、クラウドファンディング、アフリカ、キャリア、人生相談など。

 ↓今すぐ、ぜひご登録ください!

友だち追加

今すぐシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です