インドのことを好きになってきた話。

こんにちは。中込(@nakagome63)です。

 

インドのバラナシ15日目です。

3日間でサクッと移動しようと思っていたのですが、

いつの間にか2週間以上経ってしまいました。

 

3日間でバラナシから出られなかったのは、

バラナシのことをあまり好きになれなかったから。

 

好きになるまで出たくないと思っていました。

 

 

15日間もバラナシにいるのは、

バラナシのことを好きになってきてしまったから。

 

ステキな人たちと出会い、あまりにもバラナシ的な日々をすごしています。

 

 

 

インドの第一印象は「怖い」

 

インドのバラナシに来たときは、

寒いし、汚いし、怖いし、なんてところに来てしまったんだと思いました。

 

何よりも人が怖かった。

 

道を歩けば怪しいインド人がわんさか寄ってきて、

ハッパしないか、ホモしないか、とにかく俺の店に来いとか言ってきたり、

握手しようとか言って手つかんできて、マッサージ受けないと向こうには行かせないとか言ってきたり、

 

現地の中学生くらいの子どもと楽しく踊ったと思ったら、

俺らはベストフレンドだからコーヒーとビスケットをおごれってしつこくせがんできたり・・・

 

みんなが自分をだまそうとしてるんじゃないかと思いました。

 

このままバラナシのことを好きになれないまま出たくない・・・・・

そう思ってすごしていました。

 

 

インドの印象を変えたステキな現地人との出会い

 

9日目にようやくステキな現地の人たちに出会えました。

 

バラナシでダンススクールの先生をしている彼ら。

Facebookで連絡をとったところ、ダンススクールへ招待してくれました。

とても紳士的に、そしてフレンドリーに迎え入れてくれました。

IMG_7504 IMG_7499

 

そして一緒にダンスセッション!

DSCF8512

ダンスを教えたり、教えてもらったり。

DSCF8528

ボリウッドダンス(インド映画のダンス)も教えてもらいました。

DSCF8552子どもたちとも一緒にダンス。

DSCF8564 DSCF8566

ダンスセッション後、ダンススクールのオーナーから、額縁に入った立派な感謝状までもらってしまいました!

DSCF8581 DSCF8584

集合写真。

DSCF8575DSCF8576

 

 

ダンスには嘘が入り込む余地がありません。

ダンスは言葉以上にその人自身を語ります。

だから、ダンスを通して人を信頼できるのかもしれないなと思いました。

 

 

また、彼らの一つひとつの行動に、心からの優しさを感じました。

 

「またバラナシに来るときには、一緒にダンスセッションしよう!」

そう約束して彼らと別れました。

 

 

★★★

 

 

ガンジス川近くの子どもたちともだんだん仲良くなってきました。

DSCF8353.JPGDSCF8374.JPG DSCF8369.JPG

 

 

 

 

すべての人がいい人だ、とまでは思いません。

いい人と悪い人をわけることが、正しいことなのかどうかもわかりません。

 

でも、どんなところにだって、ステキな人はいるんだと思いました。

 

バラナシに来てよかったです。

 

 

※もちろん、常に気をつけてないといけないですけどね!

 

どこにいるのか以上に、誰といるのかが大事だと思う今日この頃。

バラナシは彼らのおかげで楽しいです。

IMG_7351

それでは、またー!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


中込孝規(なかごめ たかのり)
「世界とつながるダンス教室」代表。 アフリカで1万人以上の子供たちにダンスを教え、今は日本とアフリカの学校を「ダンス×インターネット中継」でつないでます。

最新のダンスレッスン・イベント出演情報

ダンスレッスンやイベントの詳細・お申し込みはコチラから http://gome-takanori.com/schedule/

LINE@で限定情報を配信中!

■イベント、レッスン先行告知 ■LINE@限定の近況報告 ■ブログ更新情報 などを不定期で配信しています。

いろんな相談も受付中!世界一周、クラウドファンディング、アフリカ、キャリア、人生相談など。

 ↓今すぐ、ぜひご登録ください!

友だち追加

今すぐシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です